パーマとデジタルパーマの違い

普通のパーマとデジタルパーマってどう違うの?っていう質問が多いのでお答えします。

まずは普通のパーマ。業界ではコールドパーマって呼ばれています。
次にデジタルパーマ。業界ではホットパーマって呼ばれています。
名前の通り、普通のパーマは水(薬液)の力で、デジタルパーマは+熱の力でかけていきます。

デジタルパーマの特徴
アイロンやホットカーラーで巻いたような仕上がり、艶やかな質感でふわっとしている。
熱処理するので髪にハリが出てカールを出しやすい。
オイルだけのスタイリングも可能。 写真右

普通のパーマの特徴
くせ毛のようなウェーブ
濡れている時にウェーブが一番出るのでムースやWAXでセットすることが必要。写真左
IMG_6193

かける周期や手入れの仕方

デジタルパーマ

かける周期3ヶ月~6ヶ月
熱処理をするのであまり短い期間にかけてしまうと髪が乾燥したり髪からタンパク質がなくなり、ボロボロになります。
日ごろからトリートメントなどで、ケアしないといけません。

普通のパーマ

周期は1ヶ月~3ヶ月
ロングの人は毛先が傷んでいるので3ヶ月、ショートの人は1~2ヶ月ぐらいです。
日頃のお手入れで大丈夫ですが 保湿の強いトリートメントを使うとパーマがだれます。
しっとりするトリートメントは使わないようにしましょう。
※周期が短いと毛先が傷むことがあります。

朝のスタイリングのしかた

デジタルパーマ

ひどい寝癖でなければびしょびしょに濡らす必要はありません。
毛先に保湿スプレーをして濡らし、ドライヤーをかけます。
髪の毛をねじるようにすると、艶とカールを出していきます。

普通のパーマ

朝完全に濡らすしたあと保湿剤をつけます 髪を根元から乾かし毛先は少し濡れた状態をキープし
6割くらい乾いた後にワックスかムースをつけ、自然に置いておくとパーマをキープすることができます。
(それぞれのパーマのかかり具合によって誤差があります。)

とこんな感じになります。
ご自分にはどちらのパーマが良いか選びましょう。

hairsupple(ヘアーサプリ)
千葉市緑区おゆみ野2-4-20-1F
043-312-0381